ホーム » 監督人事 » チェルシーが新指揮官にルイス・エンリケ氏をリストアップ? コンテ監督退団に備えての動きか?
« スポンサードリンク »

チェルシーが新指揮官にルイス・エンリケ氏をリストアップ? コンテ監督退団に備えての動きか?

ruisuenriketye.jpg




 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督に退任の可能性が囁かれている。
 コンテ監督流出を備えチェルシーは、後任人事に着手している。


 報道によると、今季までバルセロナを率いていたルイス・エンリケ氏を招聘する準備を進めているようだ。
 今季、就任1年目でチェルシーをプレミアリーグ優勝へと導いたコンテ監督。


 なみなみと受け継がれきたジョゼ・モウリーニョ元監督のスタイルを見事断ち切り、コンテ色一色に染め上げリーグタイトルを制覇。
 だが、一部の首脳陣から指揮官の言動を快く思っていない人物が存在しており、クラブからの全面的バックアップを受けていない現状に不満を抱いているとされているコンテ監督が、ユヴェントス時代にやってのけた突如の退任の可能性も伝えられている。


 そんなチェルシーは、コンテ監督の退任にそなけ後任人事に着手。
 バルセロナ就任初年度に3冠を成し遂げたルイス・エンリケ氏をリストアップ。
 バルセロナ時代、名だたるビッグネームをまとめ上げたエンリケ監督をチェルシーは高く評価。


 だが、チェルシーのファーストチョイスはコンテ監督の慰留だ。
 全力を持って、慰留に努めることは間違い無く、今後の交渉に注目が集まるところだ。


 なお、エンリケ氏はバルセロナを退任の際に、『 しばらく休みたい 』と話しており、最低1年間は休養に時間を当てるとみられているのだが果たして。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top