ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーがクリスティアーノ・ロナウド争奪戦に参戦か?

チェルシーがクリスティアーノ・ロナウド争奪戦に参戦か?

cronaudotaidanm.jpg




 レアル・マドリー所属のFWクリスティアーノ・ロナウド。今季を最後にマドリー退団を決断したと噂されている。
 C・ロナウドがマーケットに出回ることが報じられて以降、欧州のメガクラブで熾烈な争奪戦が繰り広げられている。


 この熾烈な争奪戦に、今季プレミア王者のチェルシーが参戦する準備を進めているようだ。
 チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏が、C・ロナウドを獲得することで、退任が噂されているアントニオ・コンテ監督の去就問題を沈静化させたいと考えているという。


 キャッシュでの取引となれば、推定2億ユーロ程度の移籍金が必要になるとされている。
 潤沢な資金力を誇るチェルシーだが、昨年夏にコンテ監督が望む選手を用意することができなかったため、この夏に大型投資が噂されている。


 キャッシュを多くチームに留めておくならば、選手譲渡で移籍金の引き下げを狙う。
 マドリーが獲得に関心を示しているMFエデン・アザールをC・ロナウド獲得オペレーションに織り込む子で、交渉を有利に進めようとしているのかもしれない。


 以前、C・ロナウドが『 移籍するならマンチェスター・ユナイテッドへ 』とコメントしており、争奪戦はユナイテッドが一歩リードしていることは間違いない。
 C・ロナウドが移籍を志願したことは、マーケットがひっくり返るほどの激震を与えた。


 去就が注目されるC・ロナウド。まずは高額な移籍金を要求するマドリーをいかにして説得することができるか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top