ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アルダ・トゥランの去就にアーセナルが関心か? 夏の獲得に向け3000万ユーロを用意へ

アルダ・トゥランの去就にアーセナルが関心か? 夏の獲得に向け3000万ユーロを用意へ

toxurana-se.jpg




 アーセナルが、バルセロナ所属のMFアルダ・トゥラン獲得を画策しているようだ。
 今夏の移籍市場でバルセロナ退団を視野にれているアルダ。


 選手の代理人を務めるアフメット・ブルト氏は、クラブ側からアルダが来季の構想に含まれていないと告げられたとのこと。
 これにより、選手側は新天地を求め積極的な動きを見せている。


 バルセロナ加入当初、プレーに迷いが見られ本来のパフォーマンスを披露することができなかったアルダ。
 だが、今季見事に復活を遂げ、リーグ開幕から好パフォーマンスを披露し続けてきた。


 去就が注目されるアルダの移籍先候補にアーセナルが浮上。
 報道によると、ブルト代理人はインテルとも会合の場を持ったものの、争奪戦を一歩リードしているのはアーセナルだと言われている。


 今夏の移籍市場でFWアレクシス・サンチェス退団が噂されているアーセナル。
 同選手の後釜確保は必須であり、サンチェス退団後のポジションにアルダを迎え入れることを画策しているのかもしれない。


 なお、アーセナルはアルダ獲得に向け3000万ユーロの移籍金を支払う用意があるという。
 今季、大きなインパクトでシーズンを迎えたアルダ。負傷の影響などもあり、リーグ戦で18試合の出場のみに留まっている。
 果たして、アーセナルはアルダを獲得することができるか注目が集まりそうだ。




関連記事

Return to page top