ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » チェンバレン争奪戦にチェルシーが参戦へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チェンバレン争奪戦にチェルシーが参戦へ

cyenbarentyer.jpg




 アーセナル所属のMFアレックス・オックスレイド・チェンバレン。今夏の移籍市場で古巣バルセロナ復帰が噂されている。
 欧州のビッグクラブから関心を集めるチェンバレンだが、チェルシーが争奪戦に参戦する意向であることがわかった。


 アーセナルとチェンバレンの現行駅役は2018年まで。
 今冬にもアーセナル退団が噂され、日増しに退団の可能性が高まっている。


 クラブを率いるアーセン・ヴェンゲル監督から高い評価を受けるチェンバレン。無論、放出はクラブ側も望んでおらず契約延長に向け交渉が進められている。
 だが、この契約延長交渉が順調に進んでいない。


 アーセナルでの出場機会の少なさに不満を覚えるチェンバレンは、他クラブの動きを冷静に見守っているというのが現状のようだ。
 一部の報道では、古巣バルセロナが今夏のトップターゲットとして獲得を画策しているとされており、スペイン復帰の道が日増しに高まっている。


 一方で、プレミアリーグの上位に位置するクラブもチェンバレン獲得に関心を示している。
 特に、来季チャンピオンズリーグ出場で戦力に厚みを持たせたいチェルシーが、選手のパフォーマンス、そしてプレミアでの実績を高く評価しチェンバレンをクラブに招き入れたと考えている。


 なお、去就が注目されるチェンバレンは、スタメンとして試合に出場できるクラブを探している。
 2016年10月にアーセナル退団が噂された際、以下のようにコメントし退団の意思があることを明らかにした。

「 僕はより多くのゲーム時間を得たい。キャリアには、現状を再評価したり考えなければならない時がある。そして今、僕のキャリアはどこの段階だろうか?と考えた時、今プレーしている段階にいる。だから、僕をプレーさせてくれてフィードバックを与えてくれたり、僕がプレーしていない時になぜ僕がプレーしていないのかを見極めてくれるような、そんな環境がいい 」


 当時より、多少状況は改善したかもしれないが、チェンバレンは間違いなくアーセナルでの立ち位置に不満を抱いている。
 クラブがヴェンゲル監督と新たに2年契約を締結したて時点で、チェンバレンは落胆を覚えたのかもしれない。


 その後、選手側からのコメントはないものの、噂されるバルセロナ行きや、チェルシーからの関心を心待ちにしている可能性もある。
 チェンバレン争奪戦にチェルシーが参戦したことで、今後どのような去就をたどることとなるのか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。