ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のアグエロ、シティに忠誠を誓う 契約満了までチーム残留を示唆
« スポンサードリンク »

去就が注目のアグエロ、シティに忠誠を誓う 契約満了までチーム残留を示唆

aguerocity.jpg




 マンチェスター・シティ所属のFWセルヒオ・アグエロ。2019年までシティとの現行契約を残すアグエロには、今夏の移籍市場で移籍が噂されている。
 現に、今季後半戦はFWガブリエウ・ジェズスの台頭もあり、出場機会が激減した。


 シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はアグエロ残留を明言しているものの、この夏グアルディオラ監督が求める戦力の獲得が実現した場合、アグエロはますます苦しいポジションに追いやられることとなるだろう。
 だが、アグエロはクラブとの契約満了までシティに留まることを決断。

「 僕にはマンチェスター・シティとの契約が2年残っている。ここでとても幸せだし、契約が切れるまではここにいようと思う。次にどこでプレーするかは考えていないよ。ここで働くことだけに集中している 」


 同時に、アグエロは今季を振り返り『 それほど悪くはなかった。調子はとても良い。出場機会が減ったのは事実だけど、結局はとてもポジティブなシーズンだった 』と振り返っている。


 シティの戦力補強の動向によるが、グアルディオラ監督はジェズスを高く評価しており、アグエロの序列はCFとしては2番手であることが現状だ。
 準レギュラーとして過ごす2シーズンはとても長いことは間違いなく、シティがこの夏噂されているとおりビッグネームを獲得することとなればアグエロの序列はさらに下がることは言うまでもない事実なのだが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top