ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » チェルシーがレヴァンドフスキをリストアップか? ルカク獲得失敗に備え獲得に関心へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

チェルシーがレヴァンドフスキをリストアップか? ルカク獲得失敗に備え獲得に関心へ

rebatyer.jpg



 チェルシーがバイエルン・ミュンヘン所属のFWロベルト・レヴァンドフスキ獲得に関心を示しているようだ。
 今夏の移籍市場でFWジエゴ・コスタに移籍が噂されるチェルシー。


 すでにエヴァートン所属のFWロメル・ルカク獲得に向け交渉が進められている。
 選手本人もチャンピオンズリーグ出場を目指しており、エヴァートンと進められていた契約延長交渉を拒否。


 事実上、チェルシー移籍が内定しているとされているルカクだが、チェルシー以外にもマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘンと言ったメガクラブが獲得に関心を示しており、予断を許さないというのが実情だ。


 チェルシーにとって、この夏にジエゴ・コスタ以上に安定したパフォーマンスを披露することが出来るストライカーの補強が必須。
 仮に、ルカク獲得の失敗に備え、バイエルンとの関係が急速に冷めつつあるレヴァンドフスキをリストアップしているという。


 来季、チャンピオンズリーグ出場のため過密日程が危惧されるチェルシー。
 現有戦力を維持しつつ、更なる戦力の拡充に注力しており、この夏に大型補強に乗り出すとされている。


 ルカク獲得が理想的なシナリオであることは間違いないが、国際経験豊富なレヴァンドフスキは申し分ない戦力だ。
 今後、バイエルンとの交渉次第では、クラブ退団の可能性も噂されている。


 レヴァンドフスキがバイエルン退団となれば、熾烈な争奪戦が繰り広げられることとなるだろう。
 果たして、チェルシーは夏のマーケットでどのストライカーを獲得することとなるのか注目が集まりそうだ。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。