ホーム » 2017年夏の移籍市場 » インテル、フィオレンティーナから司令塔バレーロ獲得を模索か?
« スポンサードリンク »

インテル、フィオレンティーナから司令塔バレーロ獲得を模索か?

barero.jpg




 フィオレンティーナ所属のMFボルハ・バレーロ。今夏の移籍市場で司令塔の補強を画策するインテルが、バレーロ獲得に関心を示しているという。


 報道によると、インテルのピエロ・アウジリオSDが、フィオレンティーナのバンタレオ・コルヴィーノGMと会談を行い、バレーロ獲得オファーを提示したようだ。
 この獲得オファーに対し、フィオレンティーナは最低でも1000万ユーロ程度の移籍金を要求しているという。


 インテルの補強リストの上位に列挙されているバレーロ。
 すでにインテルとプレ契約を締結しており、クラブ間交渉が残されているのみの状態である。


 フィオレンティーナは、今夏の移籍市場で複数の主力級の選手に移籍の可能性があり、バレーロの放出を簡単には容認しないと見られている。


 現在32歳のバレーロ。母国スペインの中堅クラブで司令塔として活躍していたが、2012年夏にフィオレンティーナヘ加入。
 チームの中心選手として活躍し、今季リーグ戦で32試合に出場し1ゴールをマークしていた。


 バレーロの去就には、ACミランも獲得の可能性を探っているとされており、今後の去就に注目が集まっている。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top