ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » パリ・サンジェルマンがクリスティアーノ・ロナウド獲得に向け巨額のオファーを用意か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パリ・サンジェルマンがクリスティアーノ・ロナウド獲得に向け巨額のオファーを用意か?

parironaudo.jpg




 レアル・マドリー所属のFWクリスティアーノ・ロナウド。
 先日、マドリー退団の意思を表明したC・ロナウドだが、現在ポルトガル代表の一員として参戦しているコンフェデレーションズカップ終了後にフロレンティーノ・ペレス会長と去就について会談を行うとされている。


 先日、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されたC・ロナウドだが、32歳を迎えたベテランストライカーに2億ユーロの投資はリスクが高いと判断し、争奪戦から撤退。
 事実上、パリSG移籍一択となった現状を受け、選手本人が自身の去就についてどのように考えるか注目が集まる。


 C・ロナウド移籍オペレーションには、推定4億ユーロの資金調達が必要とされている。
 現時点でマドリーはC・ロナウドの契約解除金を2億ユーロに設定しているという。


 スペイン当局から脱税疑惑をかけられ、スペインでの生活に嫌気がさしているとされているC・ロナウド。
 過去にもマドリー退団を示唆するコメントを残したが、この夏ほど具体的な報道をされたことはなかった。


 パリSGが用意しているオファーは定かになっていないとされているが、ファーストコンタクトは1億5000万ユーロ程度のオファーを用意しているとのこと。
 だが、マドリーは2億ユーロ以上のオファーが届かない限り、移籍を了承しないと見られており、今後の去就に注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。