ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » パウリーニョ、バルセロナ移籍の可能性が消滅へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

パウリーニョ、バルセロナ移籍の可能性が消滅へ

paurinyo.jpeg




 広州恒大所属のMFパウリーニョ。今夏の移籍市場でバルセロナ移籍が噂されたパウリーニョだが、広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、パウリーニョのバルセロナ移籍の可能性を否定した。


 2015年にトッテナムから広州恒大へ移籍したパウリーニョ。
 中国での活躍により、ブラジル代表へ復帰を実現。


 未だ欧州で高い評価を得ているパウリーニョに対し、中盤の補強を画策するバルセロナが去就に注目していたようだ。
 移籍目前と伝えられたパウリーニョだが、スコラーリ監督は以下のようなコメントを残し関心自体を完全否定した。

「 パウリーニョが広州恒大から移籍することはない。今はどのクラブも、大客確保が難しいため、重要な選手を放出するのは簡単ではない 」


 この動きは、中国サッカー協会が各クラブの“ 爆買い ”に警告を鳴らし、各クラブが新たな外国人選手を獲得するためには移籍金と同額を協会に収めなければならない“ 100%関税 ”政策を打ち出したため、事実上のビッグネーム獲得は困難な状況に。


 今回の続報では、バルセロナ側もパウリーニョ獲得に否定的であると伝えられており、このまま単なる憶測で事が終わることとなりそうだ。


関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。