ホーム » 2017年夏の移籍市場 » マノラスがロシアへ? ゼニト移籍でプレ契約とも
« スポンサードリンク »

マノラスがロシアへ? ゼニト移籍でプレ契約とも

manorasuzenito.jpg




 ローマ所属のDFコスタス・マノラス。今夏の移籍市場で去就が注目されるマノラスだが、ゼニト・サンクトペテルブルク移籍でプレ契約を締結したと伝えた。
 プレミア方面から強い関心が伝えられたマノラス。


 今夏のステップアップが目前とされてきたものの、新天地はロシアの地となるようだ。
 先日、ゼニトの新指揮官に就任したロベルト・マンチーニ監督。


 勝手を知ったセリエAより、即戦力級の補強を画策。
 残すは、ローマとの契約交渉のみとなっているが、双方が希望する移籍金の額にまだ開きがあり、最終合意には至っていないという。


 だが、この交渉も近日中に終りを迎えるだろう。
 両クラブが希望する金額の差は数百万ユーロ程度。


 オファーの内容は明らかにされていないものの、マノラスの市場価値を鑑みると移籍金は3000万ユーロ前後にインセンティブが加えられることになるとされている。
 なお、ゼニトはマノラスに対し400万ユーロの4年契約を提示し、選手側はこれを受け入れたとされている。


 2014年夏にオリンピアコスからローマに加入したマノラス。
 セリエAを代表するCBへと成長し、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも獲得の可能性を探っているとされていた。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top