ホーム » 現役引退 » アルベロアが現役引退へ

アルベロアが現役引退へ

aruberoai.jpg




 今季、ウェスト・ハムに所属していたDFアルバロ・アルベロアが現役から引退をすることを正式発表した。

「 別れを言う時がきた。身体的にはまだ続けることができるけどね… 」


 今季、リーグ戦で3試合の出場に出場機会に留まったアルベロア。
 来季の構想には含まれておらず、この夏の就活は間違いない事実だった。


 34歳という年齢を考慮すれば、あと1~2年はプレーすることはできるだろう。
 選手本人のコメント通り、フィジカル面には問題はないようだ。


 メンタル面における現状を鑑みてスパイクを脱ぐ決断をしたアルベロア。
 最後に、古巣レアル・マドリー復帰の可能性をほのめかして締めくくった。

「 マドリーは僕のクラブだ。でも電話をして、働かせて欲しいと頼んだりはしないよ。オファーを待ってはいるけどね 」


 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、自身の肝いりで2009年夏にリヴァプールからあるベロアを引き抜いた。
 クラブのレジェンドが次々とフロント入りする現状を考えると、アルベロアの古巣復帰の可能性も考えられるのだろうか?



関連記事

Return to page top