ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ギンター、ドルトムント退団の可能性が?
« スポンサードリンク »

ギンター、ドルトムント退団の可能性が?

ginta.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のDFマティアス・ギンター。今夏の移籍市場でドルトムント退団の可能性が浮上した。
 2019年までドルトムントとの契約を残しているギンター。


 今季、公式戦42試合に出場し、チームの中心選手として活躍。
 チームバス爆発事件の際、現役引退の可能性が噂されるなど去就に注目が集まっていた。


 この夏、チームの刷新を画策するドルトムント。
 前指揮官であるトーマス・トゥヘル氏に重要視された選手の多くは、この夏にドルトムントを後にする可能性が伝えられている。


 すでにドルトムントはギンターを放出リストにリストアップしているとされており、2000万ユーロの移籍金を提示するクラブに売却する用意があるという。
 現行契約が残されているものの、相応の金額が提示されれば退団を容認するとされている。


 ブンデスリーガで大成したギンターには、トッテナムやホッフェンハイムへの移籍の可能性が伝えられている。
 ブラジル・ワールドカップやリオデジャネイロ・オリンピックに出場するなど年齢とはそぐわない国際経験を併せ持つ。


 あらゆる守備的なポジションをこなすポリバレント性が高く評価されており、今後の去就に注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top