ホーム » 2017年夏の移籍市場 » カイル・ウォーカー、トッテナム退団へ
« スポンサードリンク »

カイル・ウォーカー、トッテナム退団へ

uol.jpg




 トッテナム所属のDFカイル・ウォーカー。今夏の移籍市場でマンチェスター・シティがウォーカー獲得に関心を示している。
 報道によると、ウォーカー自身がシティ加入を熱望しているようだ。


 トッテナムに加入して以降、“ 注目の若手選手 ”として注目され続けてきたウォーカー。
 ポテンシャルとパフォーマンスが一致せず、期待を裏切り続けてきたが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任して以降、プレミアリーグを代表する右サイドバックへと急成長。


 無論、トッテナム側はウォーカーの放出を良しとしていない。
 引き止めに注力するとされているが、問題は金銭面だ。


 クラブでトップクラスのサラリーを受け取っているウォーカー。
 サラリーキャップ制を採用するトッテナムにとって、ウォーカーへのサラリーアップを約束することはできずにいる。


 事実上トッテナム退団が決定しているウォーカーだが、仮にシティへお移籍することとなれば5000万ポンド程度の移籍金を要求するとされている。
 この夏、予算額の上限を決定していないシティ。


 グアルディオラ監督が求める戦力を際限なく獲得することを指揮官に確約。
 両クラブとも去就を早期に決定することを望んでおり、トッテナム側が求める移籍金をシティが満額支払う決断をするかどうかに注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top