ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バイエルンがアトレティコからカラスコ引き抜きか?
« スポンサードリンク »

バイエルンがアトレティコからカラスコ引き抜きか?

karasukobaieru.jpg




 バイエルン・ミュンヘンがアトレティコ・マドリー所属のMFヤニック・フェレイラ・カラスコ獲得を画策しているようだ。
 報道によると、この夏に世代交代を推し進めるバイエルンが、若きベルギー代表MFをリストアップしているという。


 バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督がカラスコを高く評価しており、クラブ側に獲得を要請しているという。
 これを受けバイエルンは、5000万ユーロの移籍金を用意しアトレティコと交渉を進めるよう準備。


 健全経営を旗印としているバイエルン。だが、同クラブの財政状態を鑑みてもカラスコの引き抜きは実現可能なオペレーションだ。
 だが、タフな交渉が待っていることは間違いない。


 この夏、アトレティコは補強禁止処分を言い渡されており、夏のマーケットで思うような活動ができない状況にある。
 現有戦力の維持は既定路線であり、中盤でチームの中心としてプレーしているカラスコの売却は論外な交渉なのかもしれない。


 2015年夏にアトレティコへ加入したカラスコ。
 2シーズン目となる今季、リーグ戦で35試合に出場するなどディエゴ・シメオネ監督から絶対的な信頼を集めている。


 果たして、バイエルンはアトレティコの中心選手として活躍するカラスコの引き抜きを実現させることができるのだろうか。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top