ホーム » 2017年夏の移籍市場 » リヨンが、ラカゼットの代役にトラオレ獲得か?
« スポンサードリンク »

リヨンが、ラカゼットの代役にトラオレ獲得か?

toraore.jpg




 アヤックス所属のFWベルトラン・トラオレ。リヨンがトラオレ獲得で合意に達したようだ。
 クラブの公式発表によると、トラオレはリヨンと2022年までの5年契約を締結。


 選手の保有権を持つチェルシーに対し1000万ユーロ程度の移籍金を支払うことになると見られている。
 リヨン移籍が決定したトラオレは、今後のパフォーマンスについて次のように意気込みを表明した。

「 ここに来ることができてうれしい。リヨンは常に偉大な選手がいて、印象的な実績のあるクラブだ。リヨンで自分の力を示して、チームに貢献したい 」


 現在22歳のトラオレ。ブルキナファソ代表の将来を担うと大きな期待が寄せられている。
 2013年にチェルシーの下部組織へ移籍して以降、フィテッセ、アヤックスへのレンタル移籍を経験。


 今季、リーグ戦で24試合に出場し9ゴールをマークするなど、大きなインパクトを残していた。
 リヨンは、この夏FWアレクサンドル・ラカゼットの移籍が確実視。
 “ ブルキナファソの至宝 ”と称されるトラオレ。リヨンで、大きなインパクトを残すことができるか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top