ホーム » スポンサー広告2017年夏の移籍市場 » バルセロナ移籍が噂のデンベレ、一転してシティ移籍の可能性が?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ /

バルセロナ移籍が噂のデンベレ、一転してシティ移籍の可能性が?

denberecity.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWウスマン・デンベレ。今夏の移籍市場でバルセロナがデンベレ獲得に関心を示しているが、ここにきてジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが争奪戦の参戦を決断したようだ。


 昨年夏、若干19差でレンヌからドルトムントへ加入したデンベレ。
 ブンデスリーガ初挑戦ながら、秘めたポテンシャルを披露し公式戦49試合に出場し10ゴール21アシストを記録。


 前線の世代交代に向け、新たなストライカーの補強を画策しているバルセロナが、デンベレ獲得に向けドルトムントと交渉を続けている。
 現時点で、バルセロナはドルトムントが求めるオファーを提示できておらず、交渉は停滞。


 去就が注目されるデンベレだが、選手の代理人を務めるムサ・シソコ氏が以下のような興味深いコメントを残した。

「 彼に興味をいだいているビッグクラブが負数存在することは知っている。彼の好パフォーマンスが評価されたということだ 」


 バルセロナ、そしてシティが熾烈な争奪戦を繰り広げることとなったデンベレ。
 ドルトムント側も、契約延長に向け新条件を用意していると伝えられており、今後の去就に注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。