ホーム » 2017年夏の移籍市場 » パリSG、マックスウェルの代役にドルトムントで成長著しいゲレイロを指名か?

パリSG、マックスウェルの代役にドルトムントで成長著しいゲレイロを指名か?

gereiro.jpg




 今季、ボルシア・ドルトムントで大ブレイクを果たしたDFラファエル・ゲレイロ。
 パリ・サンジェルマンがゲレイロ獲得に関心を示しているようだ。


 今季を最後にDFマックスウェルが現役を引退することを発表したため、第約確保が必須。
 長きに渡りパリSGの左サイドバックを華院するパフォーマンスを披露し続けてマックスウェルの代役探しは簡単ではない。


 FWピエール=エメリク・オーバメヤンの移籍交渉でドルトムントと接触したパリSG。
 クラブ人事でオーバメヤン争奪戦から撤退したパリSGだが、新SDに就任したアンテロ・エンリケ氏がゲレイロ獲得を目指し、選手側と接触しているという。


 昨年夏に、ロリアンからドルトムントへ加入したゲレイロ。
 左サイドに主戦場とし、攻守で復数のポジションをハイレベルでこなすことができる。


 今季、リーグタイトル連覇に失敗し、チャンピオンズリーグでバルセロナに歴史的な敗退という苦虫を噛んだパリSG。
 夏のマーケットでは大型補強を画策しているが、ドルトムント側がゲレイロを簡単に手放すことはないとされているが、この交渉はどこまで進展していくこととなるか注目が集まりそうだ。



関連記事

Return to page top