ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バネガ、古巣セビージャ復帰の可能性が?

バネガ、古巣セビージャ復帰の可能性が?

banegasebija.jpg




 インテル所属のMFエベル・バネガ。今夏の移籍市場で古巣セビージャへ復帰する見通しであることが判明した。
 報道によると、インテルとセビージャの交渉は既に進められており、900万ユーロの移籍金で交渉がほぼまとまっているという。


 セビージャは、昨年夏にフリートランスファーでインテルへ加入。
 今季リーグ戦で28試合に出場し6ゴールをマーク。
 セリエA挑戦ながら上々のスタートをきったものの、新監督に就任したルチアーノ・スパレッティ監督の来季の構想に含まれてないようだ。


 6月末までに3000万ユーロの収入を確保しなければならないインテル。FFPの制約もあり選手の放出を急いでいるのが現状だ。
 バネガの取引が実現することとなれば、FFPを遵守する上で大きなプラスとなる。


 選手の代理人を務めるマルセロ・シモニアン氏もバネガのセビージャ復帰に対し次のようなコメントを残している。

「 バネガはセビージャへ移籍する。パリ・サンジェルマンの話はない。交渉はまだ続いているが、間もなく合意に至る。すべてが良い方向へ進んでいる 」


 イタリアでの生活を1年という短い時間で終えようとしているバネガ。
 この夏、大きな分岐点を迎えているセビージャ。クラブ側からの評価は高いままであり、このまま古巣復帰で交渉が進められていくこととなりそうだ。



関連記事

Return to page top