ホーム » 監督人事 » ランパード、監督業スタートか?
« スポンサードリンク »

ランパード、監督業スタートか?

ranpadokan.jpg




 今季限りで現役を引退した元イングランド代表MFフランク・ランパード。イングランド3部( フットボールリーグ1 )のクラブで監督に就任する可能性があるようだ。
 報道によると、フットボールリーグ1に所属するオックスフォード・ユナイテッドが、ランパードに対し監督就任の打診をしたという。


 来季に向け、新指揮官のリクルーティングを始めているオックスフォード。
 復数の選択肢を検討しているとされており、先日現役生活を終えたばかりのランパードもリストアップされているという。


 ニューヨーク・シティをラストのクラブに選択したランパード。
 現役を引退した際、指導者としての道を歩んでいることを示唆していた。


 オックスフォードの新監督最有力候補としてペップ・クロテット氏が挙げられており、他候補者を一歩リードしているとのこと。
 現在39歳のランパード氏。
 引退から間もなく経験不足が懸念視されるが、ランパード氏が新指揮官に就任する可能性も残されており、今後の動きに注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top