ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アーセナル、サンチェス慰留は困難か? 争奪戦はシティが一歩リード
« スポンサードリンク »

アーセナル、サンチェス慰留は困難か? 争奪戦はシティが一歩リード

asantysucity.jpg




 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェス。去就が注目されるサンチェスだが、アーセナル退団の日が近づいているようだ。
 2018年までアーセナルとの現行契約を結んでいるサンチェス。


 クラブ側は、サンチェス移籍を阻止すべく新たな契約を用意しているが、交渉は進展しておらずマーケットでの退団が現実味を帯びてきている。
 すでに復数のクラブがサンチェス争奪戦を繰り広げているが、この争奪戦を一歩リードしているのがマンチェスター・シティであるという。


 来季に向け、強力なスカッド構築を画策するシティ。
 ジョゼップ・グアルディオラ監督が、迫力不足に終わった前線の中心選手にサンチェス獲得に本腰を入れているようだ。


 アーセナルとサンチェスの契約延長交渉が進展しないのは、サラリーだ。
 サンチェス側は、アーセナルに対し週給35万ポンドを要求しているものの、アーセナル側のオファーはこれに届いていない。


 このまま、契約更新が不調に終われば移籍金の収益が望める今夏に売却することになるだろう。
 アーセナルがサンチェスを放出する場合、5000万ポンドが最低交渉ラインと設定されることに。


 過去に、アーセナルから多くの選手を引き抜き続けてきたシティ。
 移籍金満額を用意するとも伝えられており、サンチェス獲得を画策するバイエルン・ミュンヘンを牽制する動きを見せているようだが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top