ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 移籍が噂のマッテオ・ダルミアン、モウリーニョ監督が放出の可能性を否定
« スポンサードリンク »

移籍が噂のマッテオ・ダルミアン、モウリーニョ監督が放出の可能性を否定

darumiany.jpg




 マンチェスター・ユナイテッド所属のDFマッテオ・ダルミアン。今夏の移籍市場でユナイテッド退団が噂れている。


 ダルミアンの去就に注目が集まっているが、クラブを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がダルミアン放出の可能性を完全否定した。
 ダルミアンに関しては、ユヴェントスやインテルが獲得に関心を示していると言われている。


 なかでも、DFダニエう・アウヴェスと契約を解除し、DFアレックス・サンドロにチェルシー移籍の可能性が確実視されているユヴェントスが、新たなSBとして指名しているのがダルミアンだ。


 昨季、出場機会を多く減らしていたダルミアン。
 モウリーニョ監督の信頼を勝ち取ることができず、ベンチを温める日々が続いた。


 だが、モウリーニョ監督は自身の来季の構想にダルミアンが必要不可欠な選手であると考えており、放出の可能性を否定。
 最終的な決断はダルミアンに託されているものの、クラブ側は選手が強く移籍を望まない限り、他クラブからのオファーは受け取らない方針であるという。


 昨季、DFアントニオ・バレンシアとのポジション争いに敗れ、ベンチ生活を余儀なくされたダルミアン。
 ユナイテッドは今夏、ASモナコ所属のMFファビーニョ獲得に動いていたが、移籍交渉が停滞しており、右サイドバックのスカッドを維持するためにもダルミアンが必要な戦力として計算されちえるのかもしれない。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top