ホーム » 2017年夏の移籍市場 » エヴァートン、夏の注目銘柄マイケル・キーン獲得へ
« スポンサードリンク »

エヴァートン、夏の注目銘柄マイケル・キーン獲得へ

maikerukk neb




 バーンリー所属のDFマイケル・キーン。エヴァートンが、若きイングランド代表DFキーンを獲得したことを正式発表した。


 キーンとエヴァートンは、2022年までの5年契約を締結。
 バーンリーには、最大で3000万ポンドの移籍金を支払われることになるという。


 エヴァートン加入が決定したキーン。エヴァートン移籍について次のような喜びのコメントを残した。

「 熱狂的なファンのいる素晴らしいクラブであるエヴァートンに加入できて本当に嬉しいよ。明日のトレーニングでチームメイトに会えるのが待ちきれないね 」

「 何よりもロナルド・クーマン監督が移籍の大きな要因だった。彼はバルセロナやオランダ代表で世界クラスの選手だった時、僕のポジションでプレーしていた。彼が好むサッカーのスタイルは僕に合うと信じているよ 」


 現在24歳のキーン。マンチェスター・ユナイテッド下部組織出身選手。
 トップチームでのチャンスを得ることができず、レスター・シティなど複数のクラブで武者修行を挑戦。


 最終的に、2015年1月にバーンリーへ完全移籍し3年半の契約を締結していた。
 キーンがブレイクしたのは昨季。
 公式戦39試合に出場し2ゴール1アシストをマーク。


 昨季苦しい戦いを強いられたサンダーランドのプレミアリーグ残留に大きく貢献して見せた。
 このパフォーマンスが評価されイングランド代表デビューを果たし、一気にブレイク。


 この夏の注目銘柄の一人と躍り出たキーンの去就には、プレミアリーグの複数のクラブが獲得に動いていたが、エヴァートンがいち早く争奪戦を制することに。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top