ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがモラタ獲得に急接近、マドリーは巨額の移籍金を要求へ
« スポンサードリンク »

ユナイテッドがモラタ獲得に急接近、マドリーは巨額の移籍金を要求へ

amoratam.jpg




 レアル・マドリー所属のFWアルバロ・モラタ。今夏の移籍市場で去就が注目されるモラタに対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に向け迫っているようだ。


 以前から、モラタ獲得への動きが伝えられてきたユナイテッド。
 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はモラタ獲得オファーは届いていないとコメントし続けてきたが、水面下では交渉が行われていたようだ。


 報道によると、ユナイテッドはモラタ獲得に移籍金7500万ユーロを用意。
 だが、マドリーの要求額は8000万ユーロ。


 両クラブの間には、500万ユーロの差があるものの、この差を埋めるべくユナイテッド側は更なる増額を用意しているとも言われている。
 2014年夏にユヴェントスへ新天地を求めたのがきっかけで、大ブレイクしたモラタ。


 マドリー復帰ものスーパーサブとして大きな期待を寄せられ、それに応えるべく圧巻のパフォーマンスを披露。
 昨季、リーグ戦で26試合に出場し15ゴールをマークするなど、今期以降の活躍が期待されていたが、このままユナイテッド移籍で正式合意に達することとなるのだろうか?


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top