ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のサンチェス、アーセナルは売却を決断か?
« スポンサードリンク »

去就が注目のサンチェス、アーセナルは売却を決断か?

sithisantyesu.jpg




 アーセナル所属のFWアレクシス・サンチェス。クラブとの契約延長交渉に進展が見られないサンチェス。
 一向に交渉が進展を見られないサンチェスの姿勢に苛立ちを隠さず、2018年に現行契約が満了を迎える前に売却の方針で調整しているという。


 昨季1シーズンをかけ契約延長交渉を行ってきたアーセナル。
 両者が求めるサラリーの条件が平行線を辿り、交渉は難航。


 クラブ側は、幾度となくサラリーアップの条件を提示したものの、サンチェス側が断として首を縦に振ることはなかった。
 この動きで放出が事実上確定したサンチェスだが、アーセナル側は安価で売却する方針ではない。


 サンチェスの獲得を画策しているのはマンチェスター・シティ、バイエルン・ミュンヘンといった欧州を代表するクラブ。
 なかでもシティがサンチェス獲得に向け精力的に動いており、5000万ポンドのオファーを用意しているという。


 だが、アーセナルはサンチェス移籍には8000万ポンドを要求するとみられており、シティが提示するオファーと大きな乖離がある。
 両クラブは、今後オファーの差をどのように埋めていくかが焦点となるだろう。


 アーセナルは、先日リヨン所属のFWアレクサンドル・ラカゼットを獲得しており、サンチェス退団に向けた準備を進めている。
 去就が注目されるサンチェスだが、今後どのような動きを見せることとなるのか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top