ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ダニエウ・アウヴェス、パリ・サンジェルマンが強奪か?
« スポンサードリンク »

ダニエウ・アウヴェス、パリ・サンジェルマンが強奪か?

auvesupari.jpg




 昨季を最後にユヴェントスを退団したDFダニエウ・アウヴェス。マンチェスター・シティ移籍が有力視されてきたが、一転パリ・サンジェルマン移籍の可能性が浮上した。


 ユヴェントスとの契約を解消し、自由契約で新天地を求めることが可能となったアウヴェス。
 シティはアウヴェスに対し500万ユーロの年俸に2年契約を提示。


 恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督たっての要望でアウヴェス獲得に動いていたシティ。
 だが、昨年夏のマーケット以降継続して接触しているパリSG移籍も選択肢として浮上した。


 欧州を代表する金満クラブがこぞって獲得の可能性を探るアウヴェス。
 34歳を迎えた選手にとっては申し分ない選択肢であるが、条件だけを求めて新天地選びにはリスクが伴うだろう。


 ユヴェントスのリーグ6連覇に大きく貢献したアウヴェス。
 夏のマーケットでどのような決断を下すこととなるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top