ホーム » 移籍情報 » セバージョス争奪戦に終止符が、マドリーが争奪戦を制す
« スポンサードリンク »

セバージョス争奪戦に終止符が、マドリーが争奪戦を制す

sebajosumado.jpg




 ベティス所属のMFダニ・セバージョス。スペイン2強であるバルセロナとレアル・マドリーが、セバージョス獲得に向け熾烈な争奪戦を繰り広げている。
 両クラブから獲得オファーを受けたセバージョスだが、バルセロナ側からのオファーを断り、マドリー移籍を決断したようだ。


 昨季、リーグ戦で30試合に出場し2ゴールをマークしたセバージョス。
 6月に開催されたU-21欧州選手権でスペイン代表でプレーし、同代表を準優勝に導く活躍を披露。


 同大会のMVPを受賞し、この夏のマーケットで一躍注目銘柄に上り詰めた。
 欧州選手権開催中にセバージョス争奪戦が繰り広げられてきたが、これをマドリーが制することに。


 マドリーは選手に対し6年契約をオファーし、ベティス側に対し1800万ユーロ程度の移籍金が支払われることになる。
 セバージョス、マドリーともに相思相愛の間柄であり、近日中にも移籍が正式決定することとなりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top