ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがハメス強奪を画策へ
« スポンサードリンク »

ユナイテッドがハメス強奪を画策へ

hamesumanu.jpg




 マンチェスター・ユナイテッドがレアル・マドリー所属のMFハメス・ロドリゲス獲得に関心を示しているようだ。
 先日、エヴァートンからFWロメル・ルカクを獲得しFWウェイン・ルーニーを譲渡したユナイテッド。


 必然的に前線の補強に注力するユナイテッドが、マドリーで苦汁をなめるハメス獲得に向け動いているという。
 ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、昨季課題に挙げられた得点力不足を解消するためにハメス獲得を模索しているという。


 マドリーは、今夏にハメス売却に向け動いている。
 すでにユナイテッドとマドリーのクラブ間の交渉は進行している。


 ハメスとプレ契約を締結しているユナイテッドは、マドリーにどの程度のオファーを提示することとなるかが最大の関心だ。
 この夏、昨年以上にマーケットへ大型投資を行っているユナイテッド。


 縦に推進力をチームに求めるモウリーニョ監督だが、この戦術にハメスがフィットするかどうかは大きな疑問が残りそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top