ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユナイテッドがバカヨコ強奪か?
« スポンサードリンク »

ユナイテッドがバカヨコ強奪か?

bakayokotyerusi.jpg



 ASモナコ所属のMFティエムエ・バカヨコ。今夏の移籍市場で去就が注目されるバカヨオ。
 チェルシーへの移籍が有力視されるバカヨコだが、マンチェスター・ユナイテッドが強奪を画策しているようだ。


 チェルシーとモナコの間では、バカヨコ獲得交渉が進展している。
 移籍成立まで時間の問題とされているが、両クラブの交渉はその後進展が見られていないのが現状だ。


 モナコ側とすれば、新シーズンの構想を固めるべくバカヨコの移籍交渉を早急に終わらせることを考えている。
 だが、遅々として動かないチェルシーの態度に不満を持っているという。


 一方で、ユナイテッドはチェルシー所属のMFネマニャ・マティッチ獲得を熱望している。
 だが、マティッチ移籍交渉はバカヨコの去就が決定しない限り、交渉は新天地しない。


 ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は新シーズンに向け早く陣容を固めることを熱望しており、チェルシーとの交渉が進展が見られないバカヨコ強奪を考慮しているという。


 ユナイテッドは、チェルシーが獲得の可能性を模索していたFWロメル・ルカクを強奪。
 守備的MF獲得を画策しているユナイテッドは、モナコ所属のDFファビーニョ獲得を画策。


 だが、ユナイテッドは、ファビーニョ移籍交渉は難航しており、獲得の可能性があるバカヨコにターゲットを変更することとなったのかもしれない。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top