ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ラパドゥーラ獲得でジェノアがミランと合意へ
« スポンサードリンク »

ラパドゥーラ獲得でジェノアがミランと合意へ

rapadoxuraj.jpg




 ACミラン所属のFWジャンルカ・ラパドゥーラ。ジェノアがこの夏の加入でラパドゥーラとプレ契約を締結。
 移籍が既定路線として伝えられているが、未だクラブ間の交渉は停滞しているようだ。


 ジェノアはラパドゥーラ獲得で1000万ユーロのフォアーを提示。
 だが、ミラン側は1400万ユーロを要求しており、その差は400万ユーロ。


 この夏の大型補強で現有戦力のスリム化に注力しているミラン。
 ラパドゥーラ売却は濃厚とされており、ジェノアの他にもラツィオが獲得に関心を示している。


 一部の報道では、ミランはラツィオ所属のMFをルーカス・ビリア獲得に興味を示しており、ラツィオが関心を寄せるラパドゥーラをトレード要員として譲渡する模様。
 だが、ラツィオを率いるシモーネ・インザーギ監督はビリアを高く評価しており、単独交渉を望んでいるという。


 人員削減に求められるミラン。ラパドゥーラをめぐる争奪戦が繰り広げられているが、最終的には選手とプレ契約を締結したジェノアへの移籍が濃厚と見られているようだが。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top