ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 大型補強のマルセイユ、マンダンダとラミ獲得へ
« スポンサードリンク »

大型補強のマルセイユ、マンダンダとラミ獲得へ

mandararami.jpg




 マルセイユがクリスタル・パレス所属のGKスティーブ・マンダンダ、セビージャ所属のDFアディル・ラミ両選手獲得で合意に達したようだ。
 マルセイユからの正式発表を待つ状態にあるという。


 マンダンダはマルセイユで長くプレーしていたが、2016年夏にクラブを退団。
 クリスタル・パレスへ新天地を求めたものの、昨年11月に膝を負傷し長期離脱を強いられていた。


 この負傷がシーズン最後までひびき、昨季リーグ戦で9試合のみの出場と結果を残すことができなかった。
 今冬に続き、今夏の移籍市場でも大型補強を断行するマルセイユは、FCポルト所属のGKイケル・カシージャス獲得に動いていたものの、同選手がポルトと契約を1年延長したため、マンダンダにターゲットを変更したとされている。


 一方、ラミはバレンシア、ACミラン、セビージャと渡り歩いた苦労人。
 特にリーガ・エスパニョーラでブレイクしフランスを代表するDFへと成長した。
 マルセイユ復帰で、実に7シーズンぶりのリーグ・アン復帰を果たすこととなる。


 すでに、FWヴァレール・ジェルマン、MFルイス・グスタボ等、代表でも実績のある即戦力を復数獲得している。
 今季、リーグ・アン制覇を狙い今冬から着実に戦力を拡充させているマルセイユ。


 更なるスカッド強化に向け、マーケットにより多くの資金を投資することとなるかもしれない。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top