ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーがオーバメヤン獲得を画策?
« スポンサードリンク »

チェルシーがオーバメヤン獲得を画策?

obametyerusii.jpg




 チェルシーがボルシア・ドルトムント所属のFWピエール=エメリク・オーバメヤン獲得に関心を示しているようだ。
 この夏、エヴァートンに所属していたFWロメル・ルカク獲得に注力していたチェルシー。


 しかし、移籍合意寸前まで進められていたものの、マンチェスター・ユナイテッドがルカクを強奪。
 プレミアリーグを代表するストライカーへと成長したルカクをライバルチームであるユナイテッドに強奪されたチェルシーは、同ポジションの補強に向けビッグネームを次々とリストアップしている。


 これまでレアル・マドリー所属のFWアルバロ・モラタ獲得に向け精力的に動いているが、ここにきてドルトムント退団が噂されるオーバメヤン獲得に関心を示しているようだ。
 チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、リーグ連覇、チャンピオンズリーグ制覇に向けスカッドの強化を画策。


 なかでも、FWジエゴ・コスタの退団が既定路線とされるCFのポジションの補強は急務であり、年間20ゴールが期待できる選手の獲得を望んでいる。
 オーバメヤンに関しては、パリ・サンジェルマンやACミランが獲得に関心を示しているものの、交渉は進展していない。


 チェルシーにも獲得のチャンスは残されているものの、ドルトムントはオーバメヤン移籍取引の期限を7月末に設定している。
 オーバメヤン獲得には、推定8000万ユーロ程度の移籍金が必要とされている。


 簡単に捻出できる金額ではないが、期限まで残された時間は少ないのは事実。
 果たして、チェルシーはブンデスリーガを代表するストライカーの獲得を実現させることができるか注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top