ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アーセナル、チェンバレン放出は不可避か? 契約延長交渉破綻へ
« スポンサードリンク »

アーセナル、チェンバレン放出は不可避か? 契約延長交渉破綻へ

tyenbaretaida.jpg



 アーセナル所属のMFアレックス・オックスレイド・チェンバレン。アーセナル退団が近づいているようだ。
 契約延長交渉に力を入れているアーセナル。


 だが、現地メディアはチェンバレンとアーセナルの関係性について次の通り伝えた。

「 チャンバレンガアーセナルとの新契約にサインする可能性は事実上ゼロである 」


 チェンバレンとアーセナルの現行契約は2018年まで。昨季を通して契約延長交渉が行われたものの、未だ交渉は成立していない。
 このまま、延長交渉が破断に終われば移籍金の発生する今夏に売却というのが基本路線だ。


 そんなチェンバレンの去就に注目しているのがリヴァプール、マンチェスター・シティ、チェルシーだ。
 いずれのクラブも、新シーズンチャンピオンズリーグ出場権を有しており、さらなる高みを目指すチェンバレンにとっては有力クラブだ。


 現時点では移籍の兆候はなく、アーセナルのプレシーズンに合流。
 アーセナル側はチェンバレンとの新契約締結に自身を見せているが、交渉は難航しているのが現状だ。


 今後、新たな話し合いの場を持つことが予定されているが、チェンバレンはどのような決断を下すこととなるか注目が集まるだろう。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top