ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ムバッペ、マドリー移籍に前進へ
« スポンサードリンク »

ムバッペ、マドリー移籍に前進へ

mubappesoudatusen.jpg




 ASモナコ所属のFWリキアン・ムバッペ。パリ・サンジェルマンとレアル・マドリー、アーセナルがムバッペ争奪戦を繰り広げている。
 報道によると、モナコは国内のライバルクラブであるパリSGへムバッペ売却という選択肢はないようだ。


 すでにパリSGはモナコ皮に対し1億1000万ユーロのオファーを提示したとされている。
 だが、このオファーに難色を示しているのがモナコだ。


 フランス国内の覇権争いの最大のライバルとなるパリSGの戦力を強化する立ち振舞いは避けたいところ。
 とはいえ、FWクリスティアーノ・ロナウドに退団の可能性が少なくなってきたマドリーは、この夏のムバッペ獲得はトーンダウン。


 ジネディーヌ・ジダン監督はムバッペ獲得を望んでいるものの、前線のスカッドは十分でありムバッペ獲得はロッカールーム内に大きな混乱を招く可能性がある。
 次世代のフランス代表にを獲得していたいマドリーだが、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍が噂されてきたFWアルバロ・モラタに残留の可能性もあり、資金的にも捻出が難しいというのが現状か?


 選手本人もマドリー移籍を希望していると言われている。だが、今季がワールドカップイヤーということもあり、環境を変えることにも否定的な考えもあるという。
 この夏の注目銘柄の一人であるムバッペ。
 マーケット閉幕まで残された時間は多く、今後の去就に注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top