ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーがオーバメヤン獲得を画策か?
« スポンサードリンク »

チェルシーがオーバメヤン獲得を画策か?

obameyantyerushi.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWピエール=エメリク・オーバメヤン。ストライカーの補強を画策するチェルシーがオーバメヤン獲得に向けドルトムントと接触を望んでいるという。


 オーバメヤン獲得に向け6500万ポンドのオファーを用意したチェルシー。
 チェルシーが用意したオファーは、ドルトムントが設定した移籍交渉の最低限をクリアしているという。


 ドルトムントは、オーバメヤン移籍に関して7月末までにオファーが届かない場合、交渉不可避としている。
 すでにFWジエゴ・コスタの退団が確実となっているチェルシー。


 ターゲットとしてきたFWロメル・ルカクやFWアルバロ・モラタ移籍交渉に失敗している。
 去就が二転三転したオーバメヤン。

「 移籍するならレアル・マドリー 」


 と、公言し続けてきたオーバメヤンだが、意中のクラブからのオファーは届かず。
 若手選手の成長が著しいドルトムントにとって、新たなサイクル構築に向け精力的に動いている。


 なお、ドルトムントはオーバメヤンが退団した場合、アーセナル所属のFWオリヴィエ・ジルーを代役として考えている。
 オーバメヤンのプレミアリーグ挑戦が実現した場合、イングランドとドイツ間で玉突き人事が起こることは必須であり、マーケットでの動きに注目が集まりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top