ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 大型補強のエヴァートン、アーセナルからウォルコット引き抜きか?
« スポンサードリンク »

大型補強のエヴァートン、アーセナルからウォルコット引き抜きか?

uxorukottoeva.jpg




 今夏の移籍市場で大型補強を断行するエヴァートン。今季リーグ6強としのぎを削るべく大型補強を断行している。
 すでにGKジョーダン・ピックフォード、DFマイケル・キーン、MFデイヴィ・クラーセン、FWサンドロ・ラミレス等を獲得。


 マンチェスター・ユナイテッドにFWロメル・ルカクを売却したものの、ほぼ無償という形でFWウェイン・ルーニーの復帰を実現させた。
 着実に選手層に厚みを加えるエヴァートンだが、さらなる戦力強化に向け大物ウィンガー獲得を画策しているようだ。


 エヴァートンは、この夏ウィングの選手層に難を抱えており、クラブを率いるロナルド・クーマン監督も同ポジションの補強を画策。
 ターゲットとしてリストアップされたのが、アーセナルで出場機会が激減するFWテオ・ウォルコットだ。


 エヴァートンは、ウォルコット獲得に3000万ポンドの移籍金を準備。
 巨額の投資はいとわない構えであり、アーセナルが今季も3バックを導入するとすれば、ウォルコットがポジションを確保することは困難な状況に。


 アーセナルでウィングとしてのプレーに専念することを決断したウォルコット。
 だが、クラブの迷走に巻き込まれる形で徐々に出場機会が減少。


 アーセナルで殻を突き破りきれずにいるウォルコット。新天地を求め環境を変えることは必要なのかもしれない。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top