ホーム » 2017年夏の移籍市場 » コヴァチッチがマドリー退団か?
« スポンサードリンク »

コヴァチッチがマドリー退団か?

kovatittitai.jpeg




 レアル・マドリー所属のMFマテオ・コヴァチッチ。先日、クラブがU-21スペイン代表MFダニ・セバージョスを獲得したため、中盤のポジション争いは激化の一途を辿っている。
 先日、バイエルン・ミュンヘンへMFハメス・ロドリゲスを放出し、人員のスリム化を画策。


 その中でセバージョスを獲得し、昨季までアラベスにレンタル契約で移籍していたU-21スペイン代表MFマルコス・ジョレンテもトップチームに胎動させている。
 客観視しても中盤の戦力は人員過多の状態にあるマドリー。


 この夏、ASモナコ所属のFWキリアン・ムバッペ獲得を画策するマドリーは、資金調達が必須。
 高値で売却できるコヴァチッチの売却を検討している。


 なお、コヴァチッチにはトッテナムを筆頭に、インテル、ACミラン、ナポリといったクラブが獲得に関心を示している。
 だが、コヴァチッチはマドリーでの挑戦を熱望しており、残留を最優先に考えている。


 昨季、公式戦39試合に出場したコヴァチッチ。ジネディーヌ・ジダン監督の評価も高い。
 現時点では、クラブフロントもコヴァチッチ売却を考慮していないものの、好条件のオファーが届けば交渉の席に着く可能性があるとも伝えられているのだが。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top