ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユヴェントスがチェルシーからマティッチ強奪を画策か?
« スポンサードリンク »

ユヴェントスがチェルシーからマティッチ強奪を画策か?

mathittiyuventosu.jpg




 チェルシー所属のMFネマニャ・マティッチ。ユヴェントスがマティッチ獲得に関心を示しているようだ。
 先日、チェルシーはASモナコからMFティエムエ・バカヨコを獲得したため、マティッチが移籍リストへリストアップされる可能性が高い。


 マティッチ自身、恩師ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が有力視されている。
 ユヴェントスは、マティッチのユナイテッド移籍が成立する前に強奪することを画策しているという。


 だが、この交渉は難航しそうだ。マティッチに設定された4500万ユーロという高額な移籍金がネックとなる。
 一方でユナイテッドは契約解除金満額に近いオファーを用意しているとされており、交渉成立に近づいているかもしれない。


 ユヴェントスは、復数のポジションの補強に注力しており投資できる金額は限られる。
 マティッチにはユヴェントスやユナイテッドの他にもインテルが獲得に興味を示しており、今後の動きに注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top