ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のオーバメヤン、ドルトムント残留か?
« スポンサードリンク »

去就が注目のオーバメヤン、ドルトムント残留か?

obameyanzanry.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWピエール=エメリク・オーバメヤン。この夏の去就が注目されるオーバメヤンだが、今季もドルトムントでプレーすることになると報じた。


 これまでパリ・サンジェルマンや中国スーパーリーグの天津権健等が獲得に関心を示していた。
 最近では、ACミランやチェルシーが獲得に向け動いていたが、ドルトムントが快諾するだけのオファーを用意できずにいる。


 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、オーバメヤンの去就について次のようなコメントを残した。

「 あと数日間は待つが、そう長くは待たない 」


 ドルトムントとオーバメヤンの現行契約は2020年まで残しており、クラブ側としては売却を急いでいない。
 だが、ドルトムントが退団した場合、代役確保に時間を必要になるため、クラブ側は交渉期限を7月末までに設定。


 ドルトムントは、交渉最低ラインを7000万ユーロに設定していた。
 だが、今後は1億ユーロを超えるオファーが届かない限り交渉に応じることはないだろう。


 マーケットが開いた当初から、オーバメヤンの去就が注目され続けてきたが、最終的にドルトムント残留で決着することとなるのだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top