ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシー、マドリーからモラタ獲得へ
« スポンサードリンク »

チェルシー、マドリーからモラタ獲得へ

moratatyerushi.jpg




 レアル・マドリー所属のFWアルバロ・モラタが、チェルシーへ移籍することで合意に達したようだ。
 今夏の移籍市場で複数のビッグクラブから関心を集めたモラタ。


 一時は、マドリー残留の可能性が伝えられたが、この夏にFWジエゴ・コスタの移籍が濃厚とされ、ビッグネーム獲得を模索し続けてきたチェルシーが争奪戦を制することに。


 チェルシーとマドリーの取引で動いた金額は、スペイン人選手史上最高額になるという。
 報道によると、チェルシーはマドリーが要求する8000万ユーロ前後の移籍金を支払うことになるという。


 この条件には、選手のパフォーマンス次第でインセンティブが加えられることになるようだ。
 クラブを率いるアントニオ・コンテ監督が高く評価するモラタ。


 2014年夏にマドリーからユヴェントスへの移籍オペレーションに大きく携わったのがコンテ監督と言われている。
 コンテ監督とモラタは、ユヴェントスで共に働くことはなかった。


 だが、それを実現させるべくチェルシーにモラタ獲得を要請し続けていたコンテ監督の粘り強さが勝ち取った結果に。


 なお、モラタ本人は最後の最後までマドリー残留の可能性を模索していたとされているが、この夏の退団で3度目の復帰の可能性は完全に絶たれることとなるだろう。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top