ホーム » 2017年夏の移籍市場 » アーセナルがラフィーニャ強奪か?
« スポンサードリンク »

アーセナルがラフィーニャ強奪か?

rafinyaar.jpg




 バルセロナ所属のMFラフィーニャ。アーセナルがラフィーニャ獲得に近づいているようだ。
 報道によると、アーセナルはバルセロナからラフィーニャを獲得する機会を与えられているという。


 バルセロナはラフィーニャの取引に3000万ユーロの移籍金を設定し、アーセナルがこれを支払えば移籍が成立する見通し。
 ラフィーニャは、今季出場機会の増加を望んでいるものの、バルセロナのプレースタイルにフィットしきれておらずスタメンを任せられる逸材とはいえない。


 よりフィットするであろうプレミアリーグへの移籍に選手本人が興味を示していることもあり、アーセナルが獲得に関心を示している。
 昨季公式戦28試合に出場し7ゴールをマーク。キャリアハイの活躍を見せていたが、4月に右膝を負傷し4ヶ月間の離脱を強いられていた。


 今季よりバルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ新監督は、ラフィーニャを構想に含んでいるかどうかは不透明であるが、負傷離脱でプレシーズンに帯同していない現状を考えると、シーズン前半は出場機会を与えられないと考えるのが妥当か?
 苦しい戦いを強いられるラフィーニャだが、中盤の補強を画策するアーセナルがラフィーニャ獲得に動くこととなるか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top