ホーム » 2017年夏の移籍市場 » チェルシーがジョレンテとベンテケをリストアップか?
« スポンサードリンク »

チェルシーがジョレンテとベンテケをリストアップか?

jorentedenbere.jpg




 先日、レアル・マドリーからFWアルバロ・モラタを獲得したチェルシー。
 チェルシーは、更なるストライカーの強化に着手しており、スウォンジー所属のFWフェルナンド・ジョレンテ、またはクリスタル・パレス所属のFWクリスティアン・ベンテケのいずれかの選手獲得に関心を示しているようだ。


 クラブを率いるアントニオ・コンテ監督は、ユヴェントス指揮官時代にジョレンテを指導した経歴を持つ。
 スタメンとして起用するのは、やや難があるもののモラタをバックアップすることを考えれば、より理想的な選手の一人。


 選手本人もステップアップとなる、チェルシー移籍は前向きに検討することとなるだろう。
 スウォンジーは、ジョレンテに3000万ポンドの契約解除金を設定しており、チェルシーは今後粘り強く交渉していくこととなるだろう。


 一方で、もうひとりのターゲットであるベンテケだが、こちらの交渉はタフなものを強いられることになるかもしれない。
 ワールドカップイヤーとなる今季、ロシア・ワールドカップ出場に向けクラブレベルでの出場機会を保つことは必須。


 クリスタル・パレスでスタメンとして活躍しており、ベルギー代表招集の可能性も十分に残されている。
 選手本人は、出場機会の減少が噂されるチェルシーへの移籍については消極的な姿勢であり、交渉は難航を極めるだろう。


 チェルシーの現有戦力にはFWミシー・バチュアイがバックアップとして控えている。
 バチュアイが新天地を求めることとなれば、新たな選手の獲得に迫られることとなるが果たして。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top