ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ユヴェントス、ラツィオからケイタ引き抜きを画策か?
« スポンサードリンク »

ユヴェントス、ラツィオからケイタ引き抜きを画策か?

keitayuvent.jpg




 ラツィオ所属のFWケイタ・バルデ・ディアオ。ユヴェントスがケイタ獲得を画策している。
 更なる前線の補強を模索しているユヴェントスは、ジュゼッペ・マロッタGMが直接交渉に乗り出し、次のようなコメントを残した。

「 ラツィオのロティーと会長と話し合い、オファーを提示した。これからは彼らが我々のオファーを評価する番だ 」


 マロッタGMは、オファーの内容は公表していないものの、メディアでは2000万ユーロ程度だと伝えている。
 ケイタの去就にはインテルも獲得に乗り出しており、ラツィオは双方のオファーを比較して、移籍先を最終的に決定することになると見られている。


 昨季、リーグ戦で31試合に出場し16ゴールをマークするキャリアハイの活躍を披露。
 昨季のチャンピオンズリーグ決勝のレアル・マドリー戦で失意の敗戦となったユヴェントス。


 両クラブの戦いでは、得点力に大きな差を感じたユヴェントスは、今夏の移籍市場で攻撃陣の刷新に注力している。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top