ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ケイタ獲得に関心のリヴァプール、ついに交渉から撤退へ
« スポンサードリンク »

ケイタ獲得に関心のリヴァプール、ついに交渉から撤退へ

keitariva.jpg




 RBライブツィヒ所属のMFナビ・ケイタ。昨季、ブンデスリーガ2位でフィニッシュしたライブツィヒ躍進に大きく貢献したケイタ獲得にリヴァプールが関心を示していた。


 この夏、3度のオファーをライブツィヒに提示したものの、いずれのオファーも拒否。
 今季、チャンピオンズリーグへ出場するため、スカッドの強化を画策している。


 去就が注目されるケイタだが、ライブツィヒの幹部がクラブ名を明かさなかったものの、実に6700万ポンドという破格のオファーがあったことを明らかに。
 だが、今夏の移籍市場でケイタを売却することはないと断言し、この交渉を終了させることに。


 すでに3選手の即戦力を獲得したリヴァプール。ケイタ獲得失敗で、次なるターゲットはどの選手となるのか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top