ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナ、ついに断念か? ネイマール売却の可能性を示唆
« スポンサードリンク »

バルセロナ、ついに断念か? ネイマール売却の可能性を示唆

neimapar.jpg




 バルセロナ所属のFWネイマール。パリ・サンジェルマンへの移籍が噂されているが、バルセロナ側がついに折れたようだ。


 バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、現地メディアのインタビューに応じ次のようなコメントを残した。

「 フットボールには契約解除金というものがある。ネイマールが退団を望んでいるとして、彼はそれを支払うことで移籍できると知っている。しかしバルセロナとそのコーチ陣は、彼がここで続けることを望んでいる 」

「 ここ数日はあまり話をしていない。ツアーを終え、月曜から話をする予定だ。しかし強調するが、フットボールは変わりやすいものなんだ。つまり、選手が今いる場所を好んでおらず、退団を望んでいるとしたら、契約か除菌を支払うことで移籍できる 」


 クラブ側が折れる形となったネイマールの移籍オペレーション。
 果たして、どのような結末を迎えることとなるのだろうか?



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top