ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナがパウリーニョ獲得に再挑戦へ、ネイマール慰留のきっかけになるか?
« スポンサードリンク »

バルセロナがパウリーニョ獲得に再挑戦へ、ネイマール慰留のきっかけになるか?

paurinyobarus.jpg




 広州恒大所属のMFパウリーニョ。バルセロナが2度目の獲得オファーを用意しているようだ。
 今夏の移籍市場でパウリーニョ獲得に関心を強めているバルセロナ。


 これまで2度にわたり広州恒大と交渉を進めてきたものの、広州恒大側がバルセロナからのオファーを拒否。
 パウリーニョは売りに出されていないと強調し、獲得オペレーションに終わりを求め続けてきた。


 だが、中盤の補強を画策するバルセロナは、これまでパリ・サンジェルマン所属のMFマルコ・ヴェッラッティ獲得に注力してきたが、引き抜きは困難と判断しパウリーニョに照準を定めたようだ。


 去就が注目されるパウリーニョだが、広州恒大は同選手の去就について次のようなコメントを残した。

「 パウリーニョは2017年1月に契約を延長し、クラブの長期的なプロジェクトにおいて重要な選手です。パウリーニョを高く評価してくれたバルセロナには感謝しますが、彼を売却する予定はありません 」


 だが、バルセロナはパウリーニョ獲得を諦めていない。
 広州恒大がパウリーニョの契約解除金は4000万ユーロに設定。


 バルセロナ側は、契約解除金満額を支払う用意があり、近日中にも獲得オファーを提示するとされている。
 一方で、バルセロナにはパウリーニョ獲得には全く別の側面がある。


 それは、パリ・サンジェルマンへ移籍が囁かれているFWネイマール残留させるべく、ブラジル代表で共にプレーするパウリーニョを迎え入れ残留に向け交渉を進めていくとされているからだ。


 果たして、バルセロナはパウリーニョを無事獲得することができるのだろうか?
 今後の動きに注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top