ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バークリー獲得画策のトッテナム、獲得交渉難航へ
« スポンサードリンク »

バークリー獲得画策のトッテナム、獲得交渉難航へ

bakurito.jpg




 エヴァートン所属のMFロス・バークリー。今夏の移籍市場でトッテナムがバークリー獲得に向け交渉を進めている。
 だが、この交渉は順調に進んでいないようだ。


 バークリーは昨季終了後にエヴァートン退団を示唆するコメントを残していた。
 エヴァートンを率いるロナルド・クーマン監督は、バークリー移籍を示唆するコメントを残しており、新天地に注目が集まっている。


 バークリー移籍の可能性が伝えられた時点で、トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が獲得を熱望。
 だが、エヴァートンはバークリー放出は、最低でも3500万ポンドの移籍金を要求。


 同時に、選手は週給10万ポンド以上のサラリーを希望しており、獲得交渉は難航。トッテナムはサラリーキャップ制度をクラブに採用しており、高額なサラリーの負担を懸念ししているのが現状だ。
 プレミアリーグ制覇に向け、今夏にスカッドの強化を目論むトッテナムは、エヴァートンそしてバークリーが要求する条件を快諾し、引き抜きを実現させることとなるか注目が集まりそうだ。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top