ホーム » 2017年夏の移籍市場 » バルセロナ、パリSGからヴェラッティ引き抜きを画策か?
« スポンサードリンク »

バルセロナ、パリSGからヴェラッティ引き抜きを画策か?

neimabera.jpg




 今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されているバルセロナ所属のFWネイマール。
 バルセロナは、ネイマール移籍オペレーションに対し、MFマルコ・ヴェッラッティの加入を要求する可能性があるという。


 連日、報道合戦が行われているネイマール。
 一部の報道では、チームメイトとの間に亀裂が入り、パリSG移籍が目前に迫っていると伝えている。


 バルセロナは、最後の最後までネイマール慰留に向け交渉を進めていくスタンスであるが、仮にブラジル代表ストライカーがクラブをさることとなれば、かねてから獲得の可能性を探るヴェラッティの譲渡を求めると見られている。


 パリSGは、ネイマール引き抜きに2億2200万ユーロという巨額の資金を投資する姿勢を見せている。
 だが、投資する金額はこれだけではない。


 諸経費等を考慮すれば、推定3億ユーロという巨額の資金が必要になるとされており、バルセロナはFFPの規定に反すると主張。
 これを後ろ盾に、パリSGとの交渉を有利に進めようとしているバルセロナは、ネイマール移籍オペレーションにヴェッラッティの放出を盛り込むことを示唆。


 今夏のビッグサプライズであることは間違いないネイマールのバルセロナ退団説。
 パリSG移籍は高待遇であることは間違いないネイマール。


 あえて、リーガ・エスパニョーラよりレベルの落ちるリーグ・アンへ新天地を求めることは、自身のキャリアでステップダウンの移籍であることは間違いないと考える。
 ここ2週間、盛んに報じられているネイマールのパリSG移籍騒動だが、どのような形で交渉が収まることとなるのだろうか?


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top