ホーム » 2017年夏の移籍市場 » ネイマールがついに開口、バルセロナを退団しパリ・サンジェルマンへ
« スポンサードリンク »

ネイマールがついに開口、バルセロナを退団しパリ・サンジェルマンへ

neimatai.jpg




 今夏の移籍市場で大きなサプライズであるバルセロナ所属のFWネイマールの移籍オペレーション。
 この移籍交渉をパリ・サンジェルマンが成立間近に迫っているようだ。


 これまで沈黙を守り続けてきたネイマール。
 だが、ついに自身の去就について開口することに。


 ネイマールは、父親で代理人を務めるロルダンシ氏と会談。
 選手側からバルセロナ退団の意思を伝えたことを公表した。


 現地メディアの情報によると、パリSGは現地時間8月2日の午後、または3日のご縁にネイマールのメディカルチェックを受けることになるという。
 これを無事パスする位音で、正式契約の運びとなる。


 パリSGからバルセロナへしら割れる移籍金は、2億2200万ユーロと移籍金市場最高額を大幅に更新することとなる。
 向こう数年間は、これほど大きな移籍オペレーションが行われないのではないかと考えられており、今後契約の細部を詰めるのみとされている。


 現地時間2日にネイマールがバルセロナの全体れ週に参加したネイマールだがが、この場でチームメイトに退団の意向にあることを示唆。
 最後までネイマール残留に向けバルセロナは慰留に向けた交渉をつづ行けてきた。


 果たして、今夏伝えられてきたが、ネイマールのバルセロナ移籍は、この団塊に至ってもネイマール慰留に強い自信を望め貸しているという。
 なお、去就が注目のネイマールは、チームメイトに別れを挨拶し、練習することなく10時間前にクラブを貼られたといっせい方向した様子。


 クラブ側も、そしてエルメスと・バルベルデ新監督もネイマールコカに踏み切っており、チームの中心選手を売却することで相応の人物を獲得しなければならなくなりそうだ。


 現地のメディアでは、バルセロナはネイマールに対しパリSG移籍に契約解除金が2億2200万ユーロが必要であることを伝えたという。


 ネイマールは今後、フランス・パリに向かい、現地入りしている代理人等と合流し、パリSG移籍に向け最後の詰めの協議に入るとみられているようだが。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top