ホーム » 2017年夏の移籍市場 » 去就が注目のデンベレ、バルセロナ移籍に前向きか?
« スポンサードリンク »

去就が注目のデンベレ、バルセロナ移籍に前向きか?

denbbar.jpg




 ボルシア・ドルトムント所属のFWウスマン・デンベレ。先日、バルセロナからの関心が報じられてきたが、選手本人はこの噂に喜びの表情を見せているようだ。

「 そのニュースは見たよ。バルセロナは偉大なクラブ。選手は誰もあのようなチームでのプレーを希望するだろう。バルサが興味を抱いている選手のリストに含まれるのは嬉しい。これから何が起きるのか様子を見よう 」


 バルセロナは、先日パリ・サンジェルマンへFWネイマールを売却した。
 2億2200万ユーロの移籍金が動いたとされているが、バルセロナにとって得た資金以上に失ったものは大きい。


 ネイマール退団で、一つの転換期が訪れていることは間違い無く、代役には複数の選手がリストアップされている。


 一部のメディアでは、パリSG所属のMFアンヘル・ディ・マリアやリヴァプール所属のMFフィリペ・コウチーニョ等を推す声もあるが、昨季ドルトムントで飛躍のシーズンを遂げたデンベレ確保を目指しているという。


 だが、バルセロナにとって資金以上に交渉は難しいものとなる。
 ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、今季の構想にデンベレを含めている。


 デンベレが移籍することとなれば、ドルトムントにとって戦力的なダメージは大きい。
 バルセロナが準備する1億ユーロのオファーを受け取り移籍に大きく傾いたとしても、煩雑な諸手続きの影響もあり、ドルトムントが簡単に首を縦に振る可能性は低い。


 とはいえ、ネイマールの代役という名誉なオファーを受け取ったデンベレ本人は悪い気はしない。
 移籍に向けた準備を進めているとも噂されており、今後の動きが注目されている。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top