ホーム » 2017年夏の移籍市場 » パリ・サンジェルマンがムバッペ強奪を画策か?
« スポンサードリンク »

パリ・サンジェルマンがムバッペ強奪を画策か?

mubappeparisa.jpg




 ASモナコ所属のFWキリアン・ムバッペ。今夏の移籍市場で去就が注目されるムバッペに対し、パリ・サンジェルマンが強奪に向け動いているようだ。


 先日、バルセロナからFWネイマールを2億2200万ユーロという高額な移籍金を支払い強奪したパリSG。
 その戦略的補強は、まだ続くこととなりそうだ。


 報道によると、パリSGはムバッペ獲得に注力している。
 パリSGは、推定1億8000万ユーロという巨額の移籍金を支払うと伝えられている。


 昨季、低調なパフォーマンスに終始した攻撃陣だが、ナセル・ある・ケライフィ会長は、このポジションにテコ入れを模索し、FWエディンソン・カバーニ、ネイマール、ムバッペの3トップ構築を模索。


 だが、ムバッペ獲得には一つの障害が。すでにマドリーと2018年夏の加入でプレ契約を締結しているとされている点だ。
 選手本人も、マドリー移籍に関心を示している。
 モナコの首脳陣は、国内のライバルチームとなるパリSGへの移籍は望んでおらず、今後タフな交渉を進めていくこととなるだろう。


関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top